top8.28.png

title.png

0216.jpg

公約実現のために今後も全力でがんばります。

2月16日に投票開票された日野市議会議員選挙で私ちかざわ美樹は1988票の得票を得て、日本共産党は史上最高の18.7%の得票率で5人全員当選を果たすことができましたことをご報告いたします。

 
たいへんな大雪にも関わらず主権者としての権利を行使された皆様に心からの敬意を表します。
 
私ちかざわ美樹は、ごみ広域化計画白紙撤回・見直し、「なんでも値上げ・有料化計画」ストップ、学校予算の増額ほか、掲げました公約実現のために今後も全力でがんばります。
 
市政に関することはなんでもみなさんにお知らせし、みなさんの声と運動といっしょに力を合わせて市政を動かしてまいります。どうか今後とも何卒よろしくおねがい申し上げます。



down.png

020401.pdf020402.pdf

down.png

中谷 近沢.jpg

messege.png

ちかざわ美樹さんにバトンを 

前市議会議員 中谷好幸

nakatani__053.jpg 六期二十三年間、市議会議員をつとめさせていただきましたが、新人のちかざわ美樹さんにバトンを渡すことになりました。長年のご支援に心から感謝申しあげます。
 私は、市議会議員として、市政報告「こんにちは中谷好幸です」を毎週発行し、市政のどんなことでも市民のみなさんにお知らせする努力をつづけました。ちかざわ美樹さんはこうした活動を必ず受け継いでくれるものと思います。

 『人の痛みや悩みに寄り添える人 正義感強く、行動力のある人です』
 ちかざわ美樹さんは、誰の話にもよく耳を傾け、人の痛みや苦しみに寄り添い考えることができる人です。相談事への対応はとてもていねいです。
 自身が孤独な子育てや、再就職の失敗に悩み苦しんだ経験があります。「労働組合や新日本婦人の会、そして日本共産党に出会い、ありのままの自分を認めてもらえたことが、人生の転機になった」と語っています。ちかざわ美樹さんは、「なんでもご相談下さい。ごいっしょに解決しましょう」と呼びかけます。その言葉には、そんな体験が裏打ちされています。
 尊敬していたお兄さんを若くして交通事故で亡くしました。このことで自分が生きていることの意味を考え「二人分生きなければ」と思ったと言います。涙もろいのに、涙をこらえてがんばる人、正義感と行動力がそなわった人です。
 私は、ちかざわ美樹さんが、地域のみなさんのお役に必ず立てる人だと確信しています。

『日本共産党市議団の一員として即戦力で働くことができる人です。』
 市長は一人ですが、市議会議員は二十四人が選ばれます。この制度は、市長の独断専行をチェックし、議会でよく議論し、市民の様々な声を市政に反映させるためにつくられています。
 ところが実際の市議会では、多数を占める「与党」議員が、議会で市長に異議を申し立てることはありません。また、「与党」議員は、市長に不都合な情報を市民に提供することもありません。場合によっては、市民の運動を多数で押さえ込む役割もはたします。これでは住民自治や民主主義は機能不全に陥ります。
 こんな中で日本共産党市議団は、筋を通した論戦を行うとともに、市政報告を行い、市民に運動を呼びかけ、世論と運動の力で市政を動かし、切実な要求をたくさん実現してきました。
 ちかざわ美樹さんは、こうした活動で即戦力になり、働くことができる人です。

down.png

enquetetop.png

down.png

hino-201401-01.jpg

hino-201401-02.jpg

down.png

j-title.png

j-gomi.png

j-fukushi.png

j-shinsai.png

j-hino.png

facebook.png

news-top.png

981578_10200260600576891_1789312_o.jpg

1964年茨城県ひたちなか市生まれ。 中央大学経済学部卒業後、生花の大手企業に就職し、出産のため退職、37才で運輸の会社に財務担当として再就職。新日本婦人の会(国連NGO)の活動を中心に、子どもの医療費無料化や核兵器廃絶、「原発いらない」など、住民運動20年。はたらく女性たちの地位向上をねがい、労働組合(全日本建設交運一般労働組合)役員も歴任。日野市立病院の産科業務休止のときは「安心してこのまちで赤ちゃんが産めるように」と運動の先頭に立ち、市長を動かし、産科業務再開への道をひらきました。

jcp-logo.png